滋賀のオーダースーツショップNEO-MODAが教えるコーディネイト術 ベルトの止め位置編

2019.07.01

滋賀のオーダースーツショップNEO-MODAです。

ベルトと靴の色についてのお話を以前にしましたが、今回はベルトの理想的な使用する穴の話をしたいと思います。

電車に乗っていると、沢山のスーツ姿のビジネスマンが乗車しており、ついついファッションチェックをしてしまうのは職業病でしょうか(笑)

サイズの合ってないスーツを着ている人、シワだらけのスーツを着ている人、ネクタイのコーディネートがおかしい人などアドバイスを送りたい方は沢山おられます。今回のワンポイントアドバイスは、ベルトの締め具合を調整する穴で、どこに留め具を通すのが美しい着こなしなのかをアドバイスしたいと思います。

始めに見ていて最もダサいのが、急激に太られたのかも知れませんが、ベルトに開く穴の一番最後の穴を使っている人です。イメージしてみてください最後の穴を使っている人の身だしなみがいいと思うでしょうか。私は、このような方はスーツの着こなしに無頓着な方だとしか思えません。体型が変化することは仕方ないことですが、それに合わせて体型に合ったベルトを購入された方がいいと思います。

また、逆に体型がとてもスリムでベルトの穴の最も細い場所に留め具を通されているのも美しいとは言えません。

スーツを美しく着こなす上で、理想的なベルト穴は一番奥から2番目の穴を使うことです。

ベルトには沢山の穴が開いていますが、体型に合う場所に留め具を通すのではなく、奥から2番目の穴がベストの位置にくるようなサイズを選ぶか、カット出来るベルトなら、その位置でカットするとよいでしょう。

自分でも気づかないようなことですが、見ている人は見ていますよ。理想的なスーツの着こなしで、出来る男を演出しでください。

最近の記事

カテゴリ

オーダーの流れ
よくあるご質問

出張採寸サービス・ご来店は事前のご予約をお願い致します

メールフォームからのご予約はこちらから

お問い合わせ